現在の西暦をすぐに言えますか

MENU

現在の西暦をすぐに言えますか

今の西暦を記入する場面に遭遇したとき、いつも正しい西暦が分からなくなってしまいます。つい先日も契約書の西暦記入欄で手が止まってしまい、お店の人に教えてもらいました。

 

また、あるときは自信をもって記入した西暦が間違っていて、訂正印を押さないといけないこともありました。平成28年を2018年というように、西暦と年号が頭の中でごちゃ混ぜになっていることがしばしばあります。

 

どうしたら今の西暦を正しく覚えられないのか考えた結果、専業主婦で仕事をしていないのがいけないのかなと思いました。

 

今が何月何日の何曜日かということは、ゴミ出しやスーパーの特売日などの関係でいつも意識しているせいか、比較的覚えることができているんですよね。

 

仕事をしていれば、今年度の売上、来年度の売上計画など、西暦を日常的に意識するために覚えられるようになるのではないかと思うわけです。とはいっても、西暦を覚えられないのはただ単純に私の記憶力が悪いだけなのかもしれませんが(笑)。

 

西暦2016年から過去を振り返る

早いもので今年、西暦2016年もあと2ヶ月で終わりです。西暦2000年代に入って既に16年も経っているのに驚きです。月日が経つのが早すぎです。

 

若い方は知らない人も多いかもしれませんが、今から17年前の西暦1999年はノストラダムスの大予言により地球が滅亡する!なんて世間は大騒ぎでした。私は多感な時期でしたので、結構本気で信じていたものです。勿論、地球は滅亡なんてしませんでした。今思えばメディアに踊らされて馬鹿みたいだったと思います。

 

それから翌年の西暦2000年は2000年問題が話題になりました。西暦2001年は21世紀が始まったとあり、またもや世間は大騒ぎでした。
振り返ると色々な事が起こっています。

 

果たした来年、西暦2017年はどのような年になるのでしょうか。
西暦と和暦の早見表

 

 

 

 

更新履歴