西暦を見て改めて驚く

MENU

西暦を見て改めて驚く

当たり前ですが、現在の西暦は2016年なんですよね。よく中国ドラマの時代劇とか見ていると、平気で紀元前が舞台のドラマとかよくあるのですが、それって、軽く二千年以上も前なわけで、イマイチピンと来ません。

 

紀元前って一体どれくらいの年月があるのだろうかと、ふと思ったりもしますが、紀元後でももう既に西暦は2016年って思うと改めて不思議な気分になるものです。

 

紀元前の日本は丁度、縄文時代や弥生時代でしょうか。その同じ頃、中国では凄く栄えていたんですよね。

 

漫画のキングダムも紀元前の話なので、日本では、稲作をせっせと頑張っていた頃、中国では国取り合戦的な激しい戦いが繰り広げられていたなんて凄いです。

 

カレンダーの西暦を見て感じたのでした。

 

西暦の方がピンときます

私は海外生活が長かったので、西暦で年をいうことが多くて、昭和とか平成などは使わない生活を送っていましたので、西暦で言われないといまいち時期がピンとこないことがあります。

 

生まれた年が西暦で書かれていないのは病院の診察表や保険証、免許証くらいで、パスポートやクレジットカードなどはすべて西暦で書かれていて、もう全部西暦で統一すればいいのに、と思うのでした。

 

バックトゥーザフューチャーが封切られた時には1985年で、30年後はかなり未来のことだと思われていたようですが、実際にその時を過ぎてしまうと、車は空を飛んでいないし、スマホやインターネットなどが組み込まれていなくて、想像していた2015年とは少し違ったようです。