西暦という年号に関して思うこと

MENU

西暦という年号に関して思うこと

今年は西暦でいえば2016年ということになります。西暦というのはどこの国においても共通する数字であり、国際的であるともいえます。

 

一方で昭和とか平成何年という言い方は日本だけしか通用しない言い方であり、それも間違ってしまうことが多いのは確かです。西暦は響きとして威厳がありますし、これはあのキリストが生誕したあたりの年を境にして西暦前、そして西暦後という言い方をしています。

 

そうした年号に影響を与えるキリストという人物はどのような人だったのか、キリスト教ではなくても興味が湧く人たちは少なくありません。

 

西暦はこれからずーっと数字は増え続けることになりますが、2020年という東京五輪がひとつ大きな注目になるのは間違いありませんし、西暦という数字で物事を見る習慣を身につけたい気持ちがします。

西暦1960年〜TVドラマから道徳なども学んだ!

西暦1963年は私が誕生した年になります。それから約10年たち西暦1973年あたりに印象が強いのは、やはり社会現象になったヒーロー戦士です。

 

ドラマもアニメも素晴らしかったですね、学ぶものも多かったと思います。藤岡弘さん筆頭に仮面ライダー1号が誕生し、やがて2号の佐々木剛さんが出演しダブルライダーがお茶の間へもう社会は仮面ライダー一色になります。その後は3号ライダーのv3も誕生し、敵の組織も徐々に強敵になって行くのです。

 

ドラマも素晴らしく同時期に西暦1970年〜スポコンドラマが主役、われら青春のラグビードラマもあり、それから数年には学園のドラマも増えてますます

 

盛り上がる次代へ、スクールウォーズ、赤いシリーズ、金八先生にも正義、心、優しさから思いやり等、この時代の番組の影響が強いと思いますね、道徳なども自然に教わったように思います。